シリウスステークス

シリウスステークス、クリノスターオー3頭叩き合い制し優勝!

シリウスステークス、クリノスターオー3頭叩き合い制し優勝!

 

 

10月4日(土)シリウスステークスG3
阪神11Rダ2000m
3歳以上 国際 指定 ハンデ
ダート路線
1着賞金3500万円

 

 

1着 4クリノスターオー
2着10ナムラビクター 
3着 7トウシンイーグル

 

 

クリノスターオー3頭叩き合い制し優勝!

 

1番人気で1着です。

 

 

単勝馬券を購入した方には、

 

文句のない勝ち方です。

 

 

スタート直後は、ハナを切るかと思いきや

 

サトノプリンシパルが、

 

ハナを奪ってしまいましたね。

 

 

2番手の追走になりました。

 

ちょっと、気の弱い面がありそうな馬です。

 

 

直線の叩き合いでも、

 

ナムラビクターに外から、かぶせられたとき、

 

ひるんだ感じがしました。

 

 

ナムラビクターは、なかなか強情な馬とのことです。

 

今回、2着に入線しましたが、

 

こんな馬が結局は、いい成績を上げます。

 

 

サンデーサイレンスとイージーゴアの激闘をご存知の方、

 

お分かりでしょう?

 

 

性格的に、気の強い馬が勝つ!

 

これが着順を左右する要素の一つです。

 

 

ところで、

 

幸英明騎手は、このレース4勝目

 

レースごとに、騎手の得意不得意があります。

 

やっぱり、得意なレースは、

 

実力のある馬に騎乗するのであれば、

 

優勝ということにもつながります。

 

 

 

2番人気ジェベルムーサ

 

3コーナー当たりから上位に進出していく戦法、

 

いわゆる、まくりが得意な馬ですが、

 

最近のレースは、これがありません。

 

今回もそうでした。

 

もっと、

 

別の戦法を見つける必要があるのかもしれません。

 

 

 

7番人気3着トウシンイーグル

 

1着からの着差0.3

 

上がり3F

 

35.5

 

メンバー中2番目

 

 

芝からダートに切り替え、

 

ダート3戦で、1勝3着1回ですし、

 

和田竜二騎手のコメントでは、

 

「・・・遊びがあるが、直線でエンジンがかかってから、伸びた・・・」

 

ということですから、余力はありそうです。

 

 

芝からダートに切り替えた馬

 

好走する場合がありますので、要注意です。

 

これも、競馬の着順を左右する要素になります。

 

 

 

5番人気4着サトノプリンシパル

 

ハナを切るし、いい調子で好走していたのですが、

 

惜しいことに、

 

直線に入ってから、脱落してしまいました。

 

 

武豊騎手のコメントでは、

 

「・・・いい形で行けましたが、最後に止まってしまいました・・・」(c)ラジオNIKKEI

 

 

昨年の本レース優勝馬、

 

ケイアイレオーネ

 

今年は、なかなか好走していません。

 

6番人気5着ですから、ほぼ人気どおりでした。

 

今は、走る気になっていないのかもしれません。

 

 

 

 

 

■このレースから学んだ競馬の着順を左右する要素は?

 

 

性格的に、気の強い馬が勝つ!

 

 

 

■払戻金
単勝
4    300円 1人気
複勝
4    140円 1人気
10    200円 3人気
7    280円 7人気
3連単
4-10- 7   15,330円
        48人気

 

 

1着2着3着が、

 

それぞれ1番人気3番人気7番人気ですから、

 

順当な配当になりました。

 

 

 

 

 

競馬の言葉はむつかしくて、

 

3回目のチャレンジで

 

ようやく理解できるようになりつつあります。

 

 

最近は、

 

競馬の奥の深さをのぞきこんでは、

 

おどろいている次第です。

 

そんな経験をモトに、

 

競馬の着順を左右する要素をまとめています。

 

お時間のある人は、どうぞ、ご笑覧ください!

 

↓↓↓

 

競馬の着順を左右する要素とは?