神戸新聞杯

神戸新聞杯、リアファル、芝G2で逃げ切り重賞初制覇

神戸新聞杯、リアファル、芝G2で逃げ切り重賞初制覇

 

 

9月27日(日)神戸新聞杯(菊花賞トライアル)G2
阪神11R芝右2400m外Bコース
3歳 牡・牝 国際 指定 馬齢
3歳牡馬クラシック路線
1着賞金5200万円

 

 

1着 6リアファル
2着 5リアルスティール
3着 9トーセンバジル
4着11バイガエシ
5着 3ジュンスパーヒカル

 

 

リアファル、芝G2で逃げ切り重賞初制覇

 

ダートから芝へ切り替え、
前走マレーシアカップ1600万優勝したばかりですが、
その実力は、
ダート兵庫チャンピオンステークスJpn2で、
クロスクリーガーの2着(着差1.5)、
につけただけの実力があります。

 

ゆうゆうの逃げ切り勝ちでした。
追い出されてからも、
後続の追撃もなんのその、完封劇でした。

 

「直線に向いても大きなストライドで走ってくれました。
スタミナがあるので3000mでも大丈夫でしょう。 」とは、
クリストフ・ルメール騎手のコメント

 

そして、
「前回の勝ちがフロックでないと証明できましたね。...
勝ったことで胸を張って菊花賞へ行けます。」とは、
音無秀孝調教師のコメント

 

これで、
菊花賞の楽しみ方がまたひとつ、増えました。

 

 

ダート馬から芝に転向しても、
実力のある馬は、勝っていくものですが、
転向初戦で勝ったときは、フロックと思われがちです。

 

とはいえ、むやみやたらと転向し、
出走させるわけではなく、
馬の走りの特徴をふまえて、出走させるはずです。

 

リアファルは、
自分の形、得意なレース展開にはまると、
強い馬です。
この馬の走りの特徴をおさえたレース展開を厩舎と騎手で作戦を立てるはずです。

 

これは、
競馬の着順を左右する要素です。

 

マリアライト
クリソライト
兄弟で、同様な走りをみせます。

 

マリアライトは、
同日、
オールカマーG2へ出走し、自分の形にならず、惜しいことに5着

 

クリソライトは、
前走帝王賞Jpn1では、ホッコータルマエの2着(着差0.2)
ダイオライト記念Jpn2で優勝
この時の走りは自分の形でした。

 

 

2着リアルスティール

 

またかよ?
そんな実績の馬です。

 

皐月賞G1、ドゥラメンテの2着(着差0.2)
スプリングステークスG2、キタサンブラック(着差なしクビ差)

 

クビ差でも2着は2着です。
勝ち馬が強すぎるというより、
勝ち馬と比べると、ひとつ弱い。

 

性格でしょうか、癖でしょうか?
わかりませんが、今回もでした。

 

「内のコースにつけたかったのですが、
内の馬に張られて、
外からになりました。」とは、福永祐一騎手のコメント

 

これには、考えてしまいます。
これだけ、2着が続くのは、
確かに、相手も強豪馬ですが、
騎乗技術の問題じゃないんでしょうか?

 

なんとなく、そんな気がするのは、
私だけでしょうか?

 

 

3着トーセンバジル

 

京都新聞杯G2では、サトノラーゼンの4着(着差0.1)
8戦連対率50%
まだまだこれからの馬です。

 

「折り合いに不安もないので、
距離が延びてもこなせそうです」とは
四位洋文騎手のコメント

 

 

4着バイガエシ

 

500万勝ち、1000万は2着が最高の馬ですが、
4着に来たのは、実力のある可能性を秘めています。
ジャングルポケット産駒
「現状の力は出し切っています。」とは、
古川吉洋騎手のコメント

 

 

5着ジュンスパーヒカル

 

500万勝ちあがったばかりで、G2へ挑戦した馬です。
5着に来たのは、成長する余地があることを示しています。
ファルブラヴ産駒
母父サンデーサイレンス

 

「荒れ馬場も内枠も気にせず走れました。」とは、
小牧太騎手のコメント

 

 

6着レッドソロモン

 

ワールドオールスタージョッキーズ第2戦で
ジャングルクルーズの3着(着差0.4)
3歳はこの馬だけ、古馬戦で、力を発揮していますから、
このレースは3歳戦ですから、
実力的には、もっと、上の着順に行けたはずです。

 

「道中は動くに動けず、
4コーナーで前があいた後に切れ負けました。
でも、持ち味が生きない流れの中、
しぶとくがんばっています。」とは、
川須栄彦騎手のコメント

 

次走を期待します。

 

 

13着マッサビエル

 

1000万勝ち上り、
このレースは5戦目
初めて複勝圏外となりました。

 

前走芦ノ湖特別1000万ハンデ戦芝2400mでは、
古馬を相手に
3歳はこの馬だけで勝っています。
だから、
レッドソロモンと同じような進境を示しています。
実力があります。

 

「使ってよくなるタイプですからね。」とは、
戸崎圭太騎手のコメント

 

次走を期待します。

 

 

14着キロハナ

 

500万を勝ちあがり、
このレースは3戦目
初めて1着をはずしました。

 

31週間の休み明け、そして、距離は前走より600m延びています。
キャリアも少ない中、多頭数は初めてです。
実力を発揮できずに、終わったのでしょう。

 

「でも素質がある馬なので、これから巻き返してくれると思います。」とは、
浜中俊騎手のコメント

 

いつ巻き返すか、
楽しみにします。

 

 

重賞レースに出走した馬は、
どの馬も能力の高い馬です。

 

下位の着順でも、きちんと、追跡することが重要です。
いつかは、必ず、勝ってくる馬です。

 

 

 

■このレースから学んだ競馬の着順を左右する要素は?

 

 

自分の形、得意なレース展開にはまると、
強い馬です。

 

 

 

■払戻金
単勝
6     800円 3人気
複勝
6     240円 4人気
5     120円 1人気
9     370円 7人気
3連単
6- 5- 9    28,170円
         86人気
(成績、払戻金などは転記ミスに注意していますが、
必ずJRA発表のものと、ご確認、ご照合願います)

 

 

1着、2着、3着は、
オールカマーとまったく同じ人気順でした。
配当も同じくらいです。

 

1番人気が2着、
そして、
7番人気が3着
これが、きいたのでしょう。
順当な配当になりました。

 

 

 

 

 

競馬の着順を左右する要素とは何かをまとめています。
お時間のある人は、どうぞ、ご笑覧ください!
↓↓↓
競馬の着順を左右する要素とは?

 

おもな目次は次のとおりです。

 

競馬 予想の基本
馬柱(馬の成績)から読めること
馬の血統から知れること
オッズから読めること
馬券の組み立て方の基本

 

 

 

 

 

 

神戸新聞杯、出走馬が確定しました。

神戸新聞杯、出走馬が確定しました。

 

 

9月27日(日)神戸新聞杯(菊花賞トライアル)G2
阪神11R芝右2400m外Bコース
3歳 牡・牝 国際 指定 馬齢
3歳牡馬クラシック路線
1着賞金5200万円

 

 

神戸新聞杯、出走馬が確定しました。

 

登録馬のとき、選んだ有力馬の中から、
消えた馬は、いないか、確認してみました。

 

 

残った馬は、次のとおりでした。

 

 

◎リアルスティール  牡馬3歳
〇アルバートドック  牡馬3歳
〇サンライズセンス  牡馬3歳
▲マッサビエル    牡馬3歳
△レッドソロモン   牡馬3歳
△キロハナ      牡馬3歳
×タガノエスプレッソ 牡馬3歳
×リアファル     牡馬3歳

 

 

消えた馬は、次の1頭です。

 

▲ワンダーアツレッタ 牡馬3歳

 

今週は出走をやめたようです。

 

 

 

人気、枠順も検討する必要があります。
枠順はまだ決まっていませんし、
人気も、まだ分かりません。

 

もちろん、これ以外にも、有力馬がいるかもしれません。
その点、ご考慮ください。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

競馬の着順を左右する要素とは何かをまとめています。
お時間のある人は、どうぞ、ご笑覧ください!
↓↓↓
競馬の着順を左右する要素とは?

 

おもな目次は次のとおりです。

 

競馬 予想の基本
馬柱(馬の成績)から読めること
馬の血統から知れること
オッズから読めること
馬券の組み立て方の基本

 

 

 

 

 

 

神戸新聞杯、登録馬が発表されました。

神戸新聞杯、登録馬が発表されました。

 

 

9月27日(日)神戸新聞杯(菊花賞トライアル)G2
阪神11R芝右2400m
3歳 牡・牝 国際 指定 馬齢
3歳牡馬クラシック路線
1着賞金5200万円

 

 

神戸新聞杯、

 

3着までの馬に菊花賞の優先出走権が付与されます。

 

過去のこのレースでは、

 

ディープインパクト
ドリームジャーニー
オルフェーブル

 

など名馬といわれる馬が優勝しています。

 

 

過去3年の優勝馬

 

2014年
ワンアンドオンリー
ダービー優勝後の神戸新聞杯、菊花賞狙いだった馬です。
菊花賞は9着に敗れ去りましたが、
ドバイシーマクラシックG1では、ドルニヤの3着
次走こそ期待されます。

 

2013年
エピファネイア
その後
見事、菊花賞G1優勝
産経大阪杯G2、キズナの3着(着差0.3)
ジャパンカップG1優勝
今は、引退しました。

 

2012年
ゴールドシップ
その後
快進撃が始まりました。
菊花賞G1
有馬記念G1
阪神大賞典G1
と3連勝
天皇賞春G1は、フェノーメノの5着(着差0.9)
宝塚記念G1優勝
結局、
G1、6勝3着2回
G2、4勝2着1回
G3、1勝2着2回
26戦連対率61.5%
素晴らしい成績を残しています。

今年、有馬記念で引退とのことです。

 

 

それでは、

 

登録馬の中の有力馬をあげてみました。

 

 

◎リアルスティール  牡馬3歳
〇アルバートドック  牡馬3歳
〇サンライズセンス  牡馬3歳
▲マッサビエル    牡馬3歳
▲ワンダーアツレッタ 牡馬3歳
△レッドソロモン   牡馬3歳
△キロハナ      牡馬3歳
×タガノエスプレッソ 牡馬3歳
×リアファル     牡馬3歳

 

 

 

馬番、枠番、騎手などは決まっていません。
人気も分かりません。
もちろん、これ以外にも、有力馬がいるかもしれません。

 

登録馬の段階ですから、
出馬表確定時点では、除外される馬もいますので、

 

その点、ご考慮ください。
よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

競馬の着順を左右する要素とは何かをまとめています。
お時間のある人は、どうぞ、ご笑覧ください!
↓↓↓
競馬の着順を左右する要素とは?

 

おもな目次は次のとおりです。

 

競馬 予想の基本
馬柱(馬の成績)から読めること
馬の血統から知れること
オッズから読めること
馬券の組み立て方の基本