菊花賞

菊花賞、サトノダイヤモンド、貫禄の押し切りでG1初制覇

菊花賞サトノダイヤモンド、貫禄の押し切りでG1初制覇

 

 

10月23日(日)菊花賞G1
京都芝3000m
3歳牡・牝国際指定馬齢
3歳牡馬クラシック路線
1着賞金11500万円

 

 

1着03サトノダイヤモンド
2着11レインボーライン
3着13エアスピネル

 

 

サトノダイヤモンド、貫禄の押し切りでG1初制覇

 

 

2億4150万円の超高額取引馬が、ようやく、G1初制覇しました。

 

きさらぎ賞G3を勝利したとき、
2着馬を3と1/2馬身差で勝利しました。
さすがに、良血、高額だと認められました。

 

ところが、
皐月賞G1、ディーマジェスティの3着(着差0.4)
東京優駿G1、ダービーでは、マカヒキの後塵を拝し、2着(着差タイム差なしハナ差)
実に惜しい、負けたとは言い難い負け方でした。

 

そして、
神戸新聞杯G2、優勝
その後、今回のG1初制覇となりました。

 

ここまで、来て、ようやく、その良血を開花させたのでしょう。
次走、今度こそ、古馬との対決、
その日がもうすぐです。

 

「日本で初めてのクラシックの勝利
この馬も初めてのG1勝利、
オーナーも初めてのG1、本当によかったです。
・・・
3000mという距離は心配でした。
直線は馬の反応もよく、集中していたので、
いけたのではないかと思いました。」とは、
クリストフ・ルメール騎手のコメント

 

これからの
G1
乞うご期待です。

 

 

本当の良血とは、
兄弟ばかりでなく、
両親も強い
これが、本当の良血です。

 

これは、競馬で勝つ勘所です。

 

 

たとえば、
22日(土)東京9Rアイビーステークス(2歳オープン)
父フランケル
母スタセリタ
ソウルスターリングが出走し、勝ちました。
これは、噂通りの良血です。

 

 

2着レインボーライン

 

不思議な馬で、
底知れない不気味さがあります。

 

アーリントンカップG1優勝後、
NHKマイルカップG1、メジャーエンブレムの3着
札幌記念G2、ネオリアリズムの3着
そして、今回は2着

 

後方から差し脚で届けば、勝ち負けになります。

 

「ある程度流れると思っていたので、
後ろから構えてのレース。
思った以上に流れてくれました。
・・・
行きたがるところをなだめながらの追走で、
直線はラストまで頑張ってくれました。
・・・
今回も期待を上回る走りをしてくれました。」とは、
福永祐一騎手のコメント

 

次走、
展開次第の馬でしょう。

 

 

3着エアスピネル

 

距離が延びるといいのかもしれません。
この馬、
さっぱり勝てない、ダメだと思っていましたから。

 

「引っかかってしまいましたね。
・・・
折り合っていれば結果は違ったかもしれません。」とは、
武豊騎手のコメント

 

これで、引っかかっていたとは思いませんでした。

 

 

4着ディーマジェスティ

 

セントライト記念G2優勝
東京優駿G1、ダービーでは、マカヒキの3着、
このとき
サトノダイヤモンドは2着

 

「最初からハミを取らない感じでした。」とは、
蛯名正義騎手のコメント

 

この馬、
気分屋というか、ムラッ気があるのでしょうか?

 

成績からもそんな印象を受けます。
しかし、
まだ3歳
安定した実力を見せるのは、これからでしょう。

 

 

 

 

■このレースから学んだ競馬で勝つ勘所は?

 

 

本当の良血とは、
兄弟ばかりでなく、
両親も強い
これが、本当の良血です。

 

 

 

■払戻金
単勝
03    230円 1人気
複勝
03     130円 1人気
11     500円 8人気
13     430円 6人気
3連単
03-11-13    69,380円
        199人気
(成績、払戻金などは転記ミスに注意していますが、
必ずJRA発表のものと、ご確認、ご照合願います)

 

 

1着は1番人気でしたが、
2着は9番人気
3着は6番人気のため、結構、順当な配当になりました。

 

 

 

 

 

競馬で勝つ勘所を競馬初心者向きにまとめています。
どうぞ、ご遠慮なく、ご笑覧ください!
↓↓↓
競馬で勝つ勘所とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菊花賞、出走馬が確定しました。

菊花賞、出走馬が確定しました。

 

 

10月23日(日)菊花賞G1
京都芝3000m
3歳牡・牝国際指定馬齢
3歳牡馬クラシック路線
1着賞金11500万円

 

 

菊花賞、出走馬が確定しました。

 

登録馬のとき、選んだ有力馬の中から、
消えた馬は、いないか、確認してみました。

 

 

残った馬は、次のとおりでした。

 

 

◎ディーマジェスティ 牡馬3歳
○サトノダイヤモンド 牡馬3歳
▲プロディガルサン  牡馬3歳
▲ミッキーロケット  牡馬3歳
▲レッドエルディスト 牡馬3歳
△ウムブルフ     牡馬3歳
△シュペルミエール  牡馬3歳

 

 

消えた馬は、いません。

 

 

◎ディーマジェスティ 牡馬3歳
○サトノダイヤモンド 牡馬3歳
圧倒的な強さを誇ります。

 

上級クラスに挑戦する馬もいます。
▲ミッキーロケット  牡馬3歳
△シュペルミエール  牡馬3歳
上り調子の馬です。

 

さて、
神戸新聞杯組
セントライト記念組
どちらが勝つか、楽しみにしています。

 

 

 

◆過去のレース記事です。ご参考までにどうぞ◆
2015年菊花賞のレース結果は?!

 

2014年菊花賞のレース結果は?!

 

 

 

枠順は決まりました。
内枠が有利です。
偶然ですが、おおよそ、そんな選び方になってしまいました。

 

人気を検討する必要がありますが、
まだ分かりません。

 

もちろん、ほかに、有力馬がいるかもしれません。
選びそこねた場合は、あしからず、ご了承ください。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

競馬で勝つ勘所を競馬初心者向きにまとめています。
どうぞ、ご遠慮なく、ご笑覧ください!
↓↓↓
競馬で勝つ勘所とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菊花賞、登録馬が発表されました。

菊花賞、登録馬が発表されました。

 

 

10月23日(日)菊花賞G1
京都芝3000m
3歳牡・牝国際指定馬齢
3歳牡馬クラシック路線
1着賞金11500万円

 

 

菊花賞
1938年4歳(今の3歳)牡馬・牝馬による競走「京都農林省賞典四歳呼馬」として創設
京都競馬場芝3000mで施行
1948年今のレース名に変更
2001年馬齢表示変更で、出走条件を3歳牡馬・牝馬に変更
2010年GIに格付

 

 

過去3年の優勝馬
2015年
キタサンブラック
その後
天皇賞春G1優勝
前走宝塚記念G1は、マリアライトの3着
牝馬に負けましたが、
まだまだ活躍中です。

 

2014年
トーホウジャッカル
その後
勝ちが全くありません。
前走宝塚記念17頭中15着
牡馬5歳
菊花賞で使い果たしたのでしょうか?

 

2013年
エピファネイア
その後
2014年ジャパンカップG1優勝
2015年ドバイワールドカップG1最下位(初ダート)
宝塚記念調教後に左前脚繋靭帯炎を発症
放牧、復帰を断念、現役引退
種牡馬入りしました。
牡馬5歳

 

 

それでは、

 

登録馬の中の有力馬をあげてみました。

 

◎ディーマジェスティ 牡馬3歳
○サトノダイヤモンド 牡馬3歳
▲プロディガルサン  牡馬3歳
▲ミッキーロケット  牡馬3歳
▲レッドエルディスト 牡馬3歳
△ウムブルフ     牡馬3歳
△シュペルミエール  牡馬3歳

 

 

◎ディーマジェスティ 牡馬3歳
○サトノダイヤモンド 牡馬3歳
同年代では、群を抜く2頭
どちらが勝っても不思議ではありません。

 

これら2頭に対抗するのは?
どの馬でしょうか?

 

 

 

馬番、枠番、騎手などは決まっていません。
人気も分かりません。
もちろん、ほかに、有力馬がいるかもしれません。

 

登録馬の段階ですから、
出馬表確定時点では、除外される馬もいますので、
その点、ご考慮ください。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

競馬で勝つ勘所を競馬初心者向きにまとめています。
どうぞ、ご遠慮なく、ご笑覧ください!
↓↓↓
競馬で勝つ勘所とは?