ジャパンカップ

ジャパンカップ、ジェンティルドンナ連覇!

ジャパンカップ、ジェンティルドンナ連覇!

 

11月24日(日)
ジャパンカップ(国際招待)G1
東京11R芝左2400mCコース
3歳以上 国際 指定 定量
古馬中距離路線

 

 

1着ジェンティルドンナ
2着デニムアンドルビー
3着トーセンジョーダン

 

 

エイシンフラッシュ、何故、逃げた?
どの馬もハナを譲り合ったようで、
結局、押し出されてしまったのは、失敗でしたね。

 

ゴールドシップ、いつもの、スタートでした。
よそ見をしていたのでしょう。

 

東京競馬場のスタート位置の正面には、
富士山が、くっきり、見えました。

 

この美しさに見とれていたのでしょう。
旅行気分で、走ったのでしょう。
次の走りに期待しましょう。

 

芦毛の馬体は、目立ちます。
多くの子どもたちのファンの期待に応えて欲しいものです。

 

それにしても、
デニムアンドルビー、惜しかった、ハナ差です。
最後の上がり3F、メンバー中最速の33.2
これは、速い!

 

浜中俊騎手がゴール直後、どうやら、騒いでいたらしい。
2010年ジャパンカップで、
ブエナビスタ降着の1件がありましたからね。

 

でも、ライアン・ムーア騎手、それを知っていたので、
静かにしていました。とコメント。
これには、場内の笑いをかいました。
傑作です。

 

乗り替わりで、デニムアンドルビーを2着につけたこと、
ゴールドシップを、15着、16着ファイヤー、17着ジョシュアツリーですから、
実質、ビリです。

 

内田博幸騎手は、最近、強引過ぎる騎乗が、
うまく行っていないようです。

 

今回の競馬予想に不可欠の要素は、これです。
騎手の状態、調子をしっかり、追跡することです。

 

ゴールドシップも別の騎手が騎乗したら、
おそらく、順位が違っていたかもしれません。

 

ジェンティルドンナも、ずっと、岩田康誠騎手が騎乗していましたが、
全然、勝てませんでした。
今回、ライアン・ムーア騎手に乗り替わりで、連覇を果たしました。
石坂正師も、ほっと、胸をなでおろしたことでしょう。

 

 

3着のトーセンジョーダンは、
W.ビュイック騎手のコメントでは、「展開にはまった」とはいえ
7歳という馬齢で、2400mという距離を良く走りました。
11番人気ということは、常連さんから言えば、
「買えねえ」馬券だったことでしょう。

 

 

4着のアドマイヤラクティは、
C.ウィリアムズ騎手のコメントでは、
「有馬記念でも十分通用するでしょう」とのことですから、
これをアタマに入れておきましょう。

 

払戻金
単勝
7     210円 1人気
複勝
7     120円 1人気
9     510円 7人気
5    1,220円 11人気
3連単
7- 9- 5   224,580円
        402人気

 

(注=払戻金などは必ずJRAのHPなどでご確認ください)

 

 

競馬予想に、いくら時間を費やしても
的中するとは限りません。
効率的に買い目を決め、
高配当をGETする方法

競馬予想の基礎とは?