いちょうステークス

いちょうステークス、クラリティスカイ、直線で抜け出し初代優勝馬

いちょうステークス、クラリティスカイ、直線で抜け出し初代優勝馬

 

 

10月11日(土)いちょうステークス新設重賞
東京11R芝左1600mAコース
2歳 国際 特指 馬齢
1着賞金3200万円

 

 

1着 6クラリティスカイ 
2着10ネオルミエール  
3着 2ミッキーユニバース

 

 

クラリティスカイ、直線で抜け出し初代優勝馬

 

切れる脚ではありませんが、

 

長くいい脚をくりだして、ゴール

 

タイム1.33.5は、レコード記録でした。

 

 

今、4回東京1日目をむかえた東京競馬場の芝は、

 

フジビュースタンドの3Fひな壇の13番柱辺りから見ると

 

坂から上がってくる芝がきれいなグリーンで

 

一番のときです。

 

 

勝った横山典弘騎手は、2500勝達成しました。

 

おめでとうございます。

 

プラカードは、息子の横山和生騎手が持ちました。

 

横山典弘騎手のひとこと

 

「こんな日が来るとは思いませんでした。」

 

さも、うれしそうなお顔をしていました。

 

 

インタビューの中、

 

プラカードを持った息子さんに向かって、

 

「お前、がんばれ!」

 

と言いました。

 

つい笑ってしまいましたが、

 

気持ちは良く分かります。

 

 

さて

 

クラリティスカイの上がり3Fは、

 

34.0

 

あまり速いほうではありません。

 

長くいい脚を使うタイプですから、

 

その位置取り、など、騎手の騎乗技術の要求されるところです。

 

今回は、横山典弘騎手の思惑どおりだったとのことです。

 

 

 

1番人気サトノフラム

 

直線での追い出しは良かったのですが、

 

途中から、失速してしまいました。

 

まだ、2歳だし、2戦目です。

 

前走の切れる脚をくりだせれば、期待できます。

 

 

タケデンタイガー

 

距離が長すぎか?

 

前走より、400m延びていますから、カベ?

 

母父がサクラバクシンオーですから、

 

マイルは無理なのかな?

 

だから、

 

7番人気だったのかな?

 

行けると思ったのですが・・・残念!

 

 

ニシノクラッチ

 

人気通りの着順ですが、

 

上がり33.7

 

メンバー中2番目

 

前走とともに、

 

切れる脚がすばらしかった!

 

 

 

上がり3Fメンバー中最速は、

 

33.5

 

グァンチャーレ

 

6番人気で人気どおり6着

 

この馬も切れる脚が武器です。

 

 

2歳戦ですから、

 

まだまだ分かりません。

 

 

クラリティスカイは、

 

昨年の優勝馬イスラボニータのような、

 

活躍ができるでしょうか?

 

 

 

 

■このレースから学んだ競馬の着順を左右する要素は?

 

 

2歳戦です。

 

好走馬のこれからの活躍に注目しましょう。

 

 

 

■払戻金
単勝
6    810円 4人気
複勝
6    300円 2人気
10    320円 3人気
2    330円 4人気
3連単
6-10- 2   22,600円
        65人気

 

 

1番人気は複勝圏外に飛びましたが、

 

1着、2着、3着がそれぞれ、

 

4番人気、2番人気、3番人気ですから、

 

順当な配当になりました。

 

 

 

 

 

競馬の言葉はむつかしくて、

 

3回目のチャレンジで

 

ようやく理解できるようになりつつあります。

 

 

最近は、

 

競馬の奥の深さをのぞきこんでは、

 

おどろいている次第です。

 

そんな経験をモトに、

 

競馬の着順を左右する要素をまとめています。

 

お時間のある人は、どうぞ、ご笑覧ください!

 

↓↓↓

 

競馬の着順を左右する要素とは?