アルテミスステークス

アルテミスステークス、ココロノアイ、ハナ差でしのぎ優勝

アルテミスステークス、ココロノアイ、ハナ差でしのぎ優勝

 

 

11月1日(土)アルテミスステークスG3
東京11R芝左1600mBコース
2歳 牝 国際 指定 馬齢
1着賞金2800万円

 

 

1着16ココロノアイ
2着 3レッツゴードンキ
3着 9トーセンラーク

 

 

ココロノアイ、ハナ差でしのぎ優勝

 

 

ゴール前、レッツゴードンキの詰めをハナ差でしのぎました。

 

じつに、きわどかった。

 

上がり3F

 

ココロノアイ

 

34.3

 

レッツゴードンキ

 

33.6

 

その差、-0.7

 

タイムは同じ

 

1.34.4

 

 

ココロノアイ、最後方からのスタートながらも、

 

3コーナー手前から

 

ぐんぐん位置を上げてきました。

 

この時点で、相当スタミナを使ったはずです。

 

が、

 

ハナ差しのいだということは、

 

同クラスの牝馬に比べると、

 

かなりのスタミナがあります。

 

 

レッツゴードンキ、

 

前走G3札幌2歳Sで3着の実力を発揮しました。

 

 

2歳戦は、どの馬が好走するのか、

 

本当に分かりません。

 

最多は、

 

13着ココロノママニ

 

が6戦目

 

 

新馬戦で1着と

 

未勝利戦で1着と

 

オープン戦で1着と

 

重賞で3着と

 

混合で出走します。

 

 

だいたい上位のレースあるいは、

 

上位のクラスで成績の良い馬が

 

好走するものですが...

 

かならずしもそうではありません。

 

2歳戦の競馬の着順を左右する要素として、

 

考えておきましょう。

 

 

たとえば、

 

1着ココロノアイ

 

前走は未勝利戦1着

 

2着レッツゴードンキ

 

前走は札幌2歳ステークス3着

 

3着トーセンラーク

 

前走はクローバー賞(オープン戦)1着

 

4着フローレスダンサー

 

前走は新馬戦1着

 

5着スマートプラネット

 

前走はサフラン賞(2歳500万下)1着

 

などとなっていて、

 

5着の馬がなぜ4着の馬に負けたのか?

 

前走のレースの条件は、どちらが上位なのか、

 

これを押さえておくことが必須です。

 

 

 

■このレースから学んだ競馬の着順を左右する要素は?

 

 

だいたい上位のレースあるいは、

 

上位のクラスで成績の良い馬が

 

好走するものですが...

 

かならずしもそうではありません。

 

 

 

■払戻金
単勝
16   1,580円 9人気
複勝
16    400円 7人気
3    180円 1人気
9    550円 10人気
3連単
16- 3- 9   137,140円
        507人気

 

 

2歳戦です。

 

2番人気、3番人気が複勝圏外にぶっ飛びました。

 

そして、

 

1着、2着、3着が、

 

人気では、それぞれ、

 

9番人気、1番人気、11番人気です。

 

単勝も4桁の高配当

 

3連単も高配当になりました。

 

 

 

 

 

競馬の言葉はむつかしくて、

 

3回目のチャレンジで

 

ようやく理解できるようになりつつあります。

 

 

最近は、

 

競馬の奥の深さをのぞきこんでは、

 

おどろいている次第です。

 

そんな経験をモトに、

 

競馬の着順を左右する要素をまとめています。

 

お時間のある人は、どうぞ、ご笑覧ください!

 

↓↓↓

 

競馬の着順を左右する要素とは?