朝日フューチュリティ

朝日フューチュリティ、ダートも芝も走る特別な馬、アジアエクスプレスの勝利

朝日フューチュリティ、ダートも芝も走る特別な馬、アジアエクスプレスの勝利

 

 

12/15(日)中山11R
朝日フューチュリティ(G1)
2歳オープン 馬齢
芝右1600m Aコース

 

 

1着アジアエクスプレス
2着ショウナンアチーヴ
3着ウインフルブルーム

 

アジアエクスプレス
前走ダートのオキザリス賞では、7馬身差での勝利
上がりメンバー中最速の37.6で、ぶっちぎりの強さでした。

 

ムーア騎手のコメント((c)ラジオNIKKEI)から
「前回ダートの時、ギアがたくさんあると感じたのでそれを生かして競馬をしました。芝でもダートでも走る馬は特別な馬。まだ奥があります。」

 

今回初芝ですが、奥を見せていない馬、期待できます。
上がり3F35.3はメンバー中最速です。

 

2着3着馬の上がり35.7ですから、
レース映像を見ると、2着3着で先頭争いをしている外から、
なんだ!
なんだ!
豪快に坂を駆け上がってくる馬が1頭、
それがアジアエクスプレスでした。

 

度肝を抜くような、胸のすくような勝ち方でした。
実力の勝利です。

 

馬体重528キロですから、
まるで、
アメフトの選手のように感じました。

 

結果、
1着は、4番人気
2着は、6番人気
3着は、5番人気

 

人気者は、いずこ?
1番人気は、5着アトム
2番人気は、7着プレイアンドリアル
3番人気は、10着ベルカント

 

レースは、ベルカントがスタート直後からハナを切りました。
予想通りです。
最後の最後の直線で、失速しました。

 

武豊騎手のコメント((c)ラジオNIKKEI)から、抜粋すると
「この馬も暴走しているわけではなく、いい感じでした。1600mは少し長いかなと思います。今後の路線がハッキリしたのではないでしょうか。スプリント能力はあるので、来年も期待したいです」

 

ベルカントには、1600mは長いようです。
スプリンターです。

 

騎手や調教師のコメントを読むと、そういう馬の特性が分かります。
競馬予想には不可欠の作業です。

 

次走は、どのレースに出るかにより、
馬の特性に合ったレースかどうか、
馬のそのときの状態が良いかどうか、
など
調べ上げることが、競馬予想には不可欠の作業です。

 

過去の傾向から

 

・1ー5番人気馬の複勝率50%
→1着は、4番人気、2着は、6番人気、3着は、5番人気
 今年は荒れました。
 3連単も10万超え、2回目でした。

 

・外国人騎手の上位人気馬に要注意
→ムーア騎手1着、デムーロ騎手4着
 やっぱり、要注意でした。

 

・前走500万下1600m勝ち馬
→アジアエクスプレス前走1着で、1着
 ウインフルブルーム前走1着で、3着
 ショウナンワダチ前走1着ですが、外枠で、惜しいこと6着です。

 

・前走500万下1400m勝馬
→ショウナンアチーヴ前走1着で、2着
 ツィンクルソード前走1着で、11着、距離の長い方が良いとのことです。

 

・前走東スポ杯や京王杯などの勝ち馬
→出走していません。

 

 京王杯2歳ステークス4着マイネディアベルは、今回も4着
 東スポ杯2歳ステークス2着プレイアンドリアルは、7着
 ファンタジーステークス1着ベルカントは、10着

 

 やっぱり、勝ち馬でないと、勝てない結果となりました。

 

 

払戻金(競馬の基本は、やはり、単勝複勝に限ります。)

 

単勝
6     870円 4人気
複勝
6     390円 4人気
11     470円 6人気
14     400円 5人気

 

 

競馬予想に、いくら時間を費やしても
的中するとは限りません。
効率的に買い目を決め、
高配当をGETする方法

競馬予想の基礎とは?