マイルチャンピオンシップ

マイルチャンピオンシップ、トーセンラーの鮮烈な追い込み!

マイルチャンピオンシップ、トーセンラーの鮮烈な追い込み!
そして、武豊騎手G1百勝達成!

 

 

11月17日(日)
マイルチャンピオンシップG1
京都11R芝右1600mCコース
3歳以上 国際 指定 定量
古馬短距離路線

 

1着トーセンラー
2着ダイワマッジョーレ
3着ダノンシャーク

 

 

勝負師、武豊騎手のコメント
「・・・ゴーサインを出した時の反応は素晴らしかったです。
あんな脚を使えるとはビックリしました・・・」

 

距離短縮は800m、どうかな?
という周囲の懸念を吹き飛ばしてしまいました。

 

上がり3F33.3は、
メンバー中最速です。

 

2着馬ダイワマッジョーレとの着差0.2
3着馬ダノンシャークとの着差0.3
素晴らしいの一言に尽きます。

 

1番人気ダノンシャークの福永祐一騎手のコメントでは、
「馬の状態は完璧、
スタートも完璧、
位置取りも完璧、
進路があくタイミングも完璧。
すべてが完璧でした」

 

しかし、

 

「結果だけが完璧じゃなかった」

 

1着馬トーセンラーのあらゆる状態が
武豊騎手のコメント
「距離だけではなく、
馬も良かったですし、
色々なことが噛み合っての結果だと思います。」

 

つまり、3着馬以上に完璧だったというしかないレースでした。

 

オッズが馬の能力を正確に現しているとすれば、
能力的には、僅差でした。

 

そのレースの中、
ステイヤーがマイラーに勝負して勝てた!
それも、素晴らしい、追い込みでした。

 

トーセンラーについて、得るべきものは多く、
これから期待されます。

 

さらに、

 

武豊騎手は、昨年に続き、連覇!
そして、とうとう、
ファンがクビを長くして待っていた、G1百勝を達成しました。
おめでとうございます。

 

インタービューのとき、
二升五合の百勝とラベルのついたお酒を手渡され、
武さん、うれしそうでした。

 

 

今回のレースの過去の傾向との違いを比較すると、以下の通りです。

 

1.2番人気は未勝利
 2番人気馬は【0.1.2.7】、そして、近3年は馬券に絡んでいない。
→トーセンラーは、2番人気です。

 

2.4歳馬がレースの中心
 5歳馬は【4.3.3.40】連対率14.0%・複勝率20.0%
 4歳馬は【4.6.3.27】連対率25.0%・複勝率32.5%
→トーセンラーは、5歳馬です。

 

 

払戻金
単勝
5     470円 2人気
複勝
5     180円 2人気
4     210円 3人気
13     140円 1人気
3連単
5- 4-13    12,450円
        12人気
(注=払戻金などは必ずJRAのHPなどでご確認ください)

 

 

 

効率的に回収率の高い買い目を決める
前日オッズで穴馬を見つける方法
競馬予想の基礎とは?